FC2ブログ

ある路地裏にて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神戸ドックその一

恐れながらまたまた神戸ドックの話。
繰り返し言うようであるが、妻の実家の近所である。

私はこの町が大好きである。

海があり、船があり、浮きドックがありと、鉄塊好き男のロマン満開である。

ええ嫁はんもろた。

今回も浮きドックへと足を運び、撮影してきました。
kobedock01.jpg

神戸ドックへと続くみち、空は恐ろしいばかりに晴れ渡っている。

kobedock02.jpg
嫁の実家から徒歩五分と言ったところであろうか、みえてきました浮きドック群。
ここに来ると心がリセットされる。
嫌なことがあっても、ここに居る間は海に浮いた鉄のサビと波で軋む浮きドックの音が僕の精神安定剤になってくれるのだ。
kobedock03.jpg
おお!この船はなんじゃ。二連艘式の船である。大きさから察するに基本排水量200トン前後であろうか・・・。
両船首とブリッジの上に放水ノズルが付いている所から察するに消防船に違いない。
これはシャバにおっては中々拝めない船である。
ラッキー!
ええモンみれた!

kobedock04.jpg
遥か向こうには川崎造船(川重)の最新式浮きドックもみえる。

今回川重の浮きドックに収められていたのは、潜水艦。
特徴のあるヒップの形状から察するに「はるしお型」である。

kobedock06.jpg
普段から閑散としている神戸ドックだが、今日は休日と言うことも相まって、お通夜みたいにしずかである。
kobedock08.jpg
いつも此処に来るたびに浮きドックの中に入って写真を撮りたいと思っていたのだが、今回無性に中に入って撮りたくなったので関係者の方を探し、丁度いい所に守衛の方がおられたので、許可を求めてみた。
返事は「ええんとちゃう?なあ松岡さん」
「うん、ええよ。でも変なとこ登ったり怪我とかせんといてな」
と、すんなりOK
kobedock07.jpg
↑許可してくださった松岡さん。ええ人です。
kobedock09.jpg
そして運命の第一歩。遂に僕と僕のカメラが浮きドックの中の姿を捉えるのである。

つづく。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/04(月) 23:56:42|
  2. 路上観察
  3. | コメント:2
| ホーム | 消えゆく?町とその商店街>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/14(水) 23:58:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/31(木) 08:03:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カンヅメ

Author:カンヅメ
ここでは、僕の今まで何気なく撮り歩いた写真を載せて行きたいと思います。

目にも止まらぬつまらない写真ではございますが、どうぞ見て行ってください。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。